Q4. オゾン治療は歯周病にも有効か?

A4: 残念ながらこの質問に対する答えは現時点でNoであり,

医学的に十分な調査がなされているとは言い難いです.

オゾンの歯科応用はイギリスのクイーンズ大学の

リンチ教授によって精力的に研究が推し進められてきました

リンチ教授とその門下生のオゾンに関する研究は

歯科界では高い評価をうけており

国際歯学研究者会議で5年連続で表彰を受けています

しかしそれらの研究は虫歯のオゾン治療に関するもので

歯周病に関する関する研究ではありません

したがって歯周病にもオゾン治療が有効である証拠は

まだ不十分だと私は認識しています

ヨーロッパの開業医の中にはオゾン治療を口内炎や潰瘍に

さらには歯の根っこにまで感染した場合に使用して

よい治療結果を治めてる例が散見されますが

私は治療効果が十分に確認された後に

適用していきたいと考えています

オゾンは多くの歯科医の関心を集めている治療機器ですが

もともとオゾン自身は非常に毒性の強い物質であり

これを医学目的に使用するにあたっては

日本語Wikipedia(ヒールオゾンで検索)の採録に見られるように

さまざまな論争が未だに耐えないのも事実です

オゾン治療は夢のある治療で期待はしていますが

トップページでもご案内しましたように

楽観的な宣伝をしないのが当ホームページの方針です

オゾンに関するQ&Aをごらんいただいて

ご参考になれば幸いです

ありがとうございました

2005年にリンチ教授が来日されたときに

通訳をさせていただく機会にがありました

気さくなお人柄で精力的に研究をすすめておられます